FC2ブログ

どんどん焼き

どんどん焼きが今年も行われました。
昔は各地区でおこなわれていたどんどん焼きも今では少なくなり、観光案内所のはいっているこいこいアイランド会館の前の河原で行われている、万場地区のどんどん焼きは、数少ない子供達が集まる冬の一大行事となっています。

どんどん焼き風景2

だるまや、正月飾りをやぐらにうまく配置し、火をつけます。燃えていくだるまたちを見ていると、少し切なくなります。

そもそも、なぜ燃やすのか、という疑問が浮かび上がってくると思います。なんでも、正月飾りなどで出迎えた歳神を、それらを燃やすことによって、天にお返しする、見送るという意味があるそうです。

地域によって、どんと焼き、左義長、など呼び名もそれぞれ。地域によって違いが出るのは、とても興味深いことですね。

4年生のみんな

どんどん焼き風景


ちなみに神流町では、毎年1月15日辺りに行われることが多く、その際には、地域の子供達が集まって、繭だま飾りに使った繭だまをどんどん焼きの火であぶり、食べる光景を見ることができ、古くから続くその習慣には、その年に風邪を引かないよう、元気に過ごせるようにとの願いが込められているのです。

昔から続いている行事には、何か続いている理由がしっかりとあり、今生きている私たちは、その次の世代に教えてあげられるよう、覚えなければならないことがたくさんあるのだな、としみじみ感じるどんどん焼きでした。

スポンサーサイト



繭だま飾り

繭だま飾りという行事が神流町には存在します。

繭だま飾り

繭だま飾りとは、その年の豊作を願い、繭の形に見立てた団子を
もみじなどの木の枝に飾り、神棚に祭る行事です。

養蚕で生計をたてていた人が多くいた為、このような行事が
出来たようです。

飾った繭だま団子は、ただ飾るのでなく、もちろん後に食べるので
す。

カチカチに固まった団子をどのように食べるのかというと、水に浸
けておき、その後、お汁粉やお雑煮のようにして食べたり、どんど
ん焼きの時に、焼いて食べるというような食べ方があります。
(どんどん焼きの時に繭だまを食べると、その年は風邪をひかない
で過ごせるという言われがある)

しかし、高齢化が進む神流町。
このような行事は、家族みんなで協力しながらこそ出来た事。
お年寄り夫婦しかいない家庭が多くなっているこの町で、毎年この
ような行事を続けていくという事は非常に体力を使う事であり、難
しい事なのです。

しかし現実を知っているとはいえ、消えていってしまうものを繋ぎ
止め残しておきたい願ってしまうのは、人間の本能的感覚なのでし
ょうか。

願い事

ひょうたんも飾る

こいこいアイランド会館に飾った繭だま飾りは、地元農家の人が手
伝ってくれ、飾る事が出来たものです。

観光案内所にお立ち寄りの際は、ぜひこの繭だま飾りを見ていって
下さい。(1月14日頃まで飾っています)

プロフィール

カンナ

Author:カンナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
78849位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
14445位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR