FC2ブログ

12/23 蔵の市フリーマーケット開催

過疎化していく神流町を盛り上げようと、奮闘している市民団体がいます。
NPO「紙ふうせん」です。

沿道沿いや山に桜を植えたり、
市民農園を企画したり、
腰をかけて休めるベンチを設置したり、
いろいろな方面から、町を活性化していこうと活動している団体です。

その紙ふうせんが、自分たちの所有している蔵のスペースを活用して、
「蔵の市」というフリーマーケットを定期的に開催していこうという動きが
現在、進んでいます。

まもなく、開催される「蔵の市」の情報はこちらです。
蔵の市チラシ

**************************************************
日時:12月23日(日)
   午前10時~午後3時
場所:蔵よろず前駐車場(神流町役場斜め前、道路を渡ってすぐ)
内容:門松作り体験(材料費 1500円)
   出展ブース(有機野菜、クラフト雑貨など)
   蔵よろずギャラリー
    「寒い冬のほこほこ ぽかぽか展」陶芸、絵など
特典:野菜スープ、珈琲無料サービス
   有機野菜の試食有り
***************************************************

地元の人が教える、門松作り体験、
地元の農家の人も出る、出展ブース、
近隣の作家の作品を楽しめる、蔵よろずギャラリー

近くにあるモノの良さを再発見できそうなフリーマーケット「蔵の市」では、
神流町の中でのみだけでなく、奥多野流域の交流、情報交換など、
人の行き来や物の行き来を再び活性化させる為に、自分たちが出来る事をし
ていこうと、企画されてたものです。

神流町に訪れる際、この「蔵の市」が開催されている時に合わせて、旅の計
画を練ってみるのも、おもしろいかもしれません。

今後の「蔵の市」の情報に関しては、以下のサイトも併せてご参照下さい。
紙ふうせんブログ












スポンサーサイト



12/8 畑講習会実施

12月8日(土)に地元有機農家の方による畑の講習会が行われました。

畑見学

土はすべての生命にとっての母。
今回はその、「土」作りをテーマに教室が開かれました。

参加者は、さまざま。

昔に百姓をしていたが、別の仕事に携わり歳をとって再び百姓仕事に目覚めたお父さん。農的暮らしに憧れて移り住んできた子育て奮闘中のお母さん。地元の森林組合で働く若いお兄さん。

座学
農家の人との交流…近くに住んでいながら、機会がなければ出来ないものです。

午前中は、有機農業とは何か、土作りがいかに大切か、などについての話し合い、午後は山に入って、土の材料集めをしてもらいました。

堆肥集め

神流町にはおいしく新鮮な野菜がたくさんありますが、実際に出荷している農家の方は少なく、さらに後継者はほとんど居ない状態です。このまま進んでしまえば、神流町から農業は無くなってしまいます。(今、現役で農家をしている人で若い人は50~60代)

今現在、現役で活躍されてる農家の方から、出来る限り、農業の技術や知恵を受け継いでいかなければならない状況にある、神流町ではこれから、このような畑講習を積極的に企画実行していこうと考えています。

おいしい野菜を自分たちの手で作っていく事に興味の有る方、地域で生きる事を実践している人たちと触れあいたい方、神流町に縁を感じる方、奥多野が好きという方、

よければ、このブログをチェックして頂いた際、興味のある講習会があればぜひ、参加してみてください。
プロフィール

カンナ

Author:カンナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
32616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
6581位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR