FC2ブログ

2/3 「堆肥箱作り」教室

土作りは命を作ることと同じ。
畑を始めたい人は、もちろん、農業に携わり続けている人ならば、「土作り」とは切っても切る事が出来ない、関わり続けるトピックなのだと思います。

今回の教室は、その土作りに大切な堆肥を発酵させる為の箱作り。

「発酵させる為の箱」というと、何か特別な箱なのか?と思うかもしれませんが、構造自体は至って普通の箱。周囲を板で囲み、ネジで留める。単純。

堆肥箱作り


しかし、素人がやるに時間は何でもかかってしまうものです。今回の講習会でも、もちろん、作るのに手こずってしまうのだろうな…と思いきや、講師はプロの大工、参加メンバーのほとんどは地元のたくましい男性たち。手早いのなんのって…予定より大分早く終わってしまいました。

時間もあるし…
という事で、前回集めてきた落ち葉を詰め、仕込み作業をする事に決定。

堆肥踏み

落ち葉大きな麻袋3個分を入れ、踏み固める。一踏み、一踏み丁寧に。まんべんなく。この作業も、単純ですが、意外と体力を使うもので、次の日筋肉痛になる人も出てくるそうな。

踏み固めた後は、大豆カス(油カス)を入れ、水をかける作業。その作業も丁寧に行わなければならない大切な仕事です。

落ち葉を入れ、大豆カスを入れ、水をかけ…を3回繰り返し、ようやく堆肥箱いっぱいの堆肥前の落ち葉たちを詰め込む事が出来ました。

1週間も経つと、熱が少し出てくるそうで、実際に使えるような堆肥になるのは3ヶ月程待たなければならないそうです。

この堆肥たちが熟成する頃は、暖かな日差しが大地に注ぎ込む、芽吹きの春。どんな土になり、そこからどんなものが生まれるのか、今から楽しみです。


スポンサーサイト



プロフィール

カンナ

Author:カンナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
32616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
6581位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR