FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんどん焼き

どんどん焼きが今年も行われました。
昔は各地区でおこなわれていたどんどん焼きも今では少なくなり、観光案内所のはいっているこいこいアイランド会館の前の河原で行われている、万場地区のどんどん焼きは、数少ない子供達が集まる冬の一大行事となっています。

どんどん焼き風景2

だるまや、正月飾りをやぐらにうまく配置し、火をつけます。燃えていくだるまたちを見ていると、少し切なくなります。

そもそも、なぜ燃やすのか、という疑問が浮かび上がってくると思います。なんでも、正月飾りなどで出迎えた歳神を、それらを燃やすことによって、天にお返しする、見送るという意味があるそうです。

地域によって、どんと焼き、左義長、など呼び名もそれぞれ。地域によって違いが出るのは、とても興味深いことですね。

4年生のみんな

どんどん焼き風景


ちなみに神流町では、毎年1月15日辺りに行われることが多く、その際には、地域の子供達が集まって、繭だま飾りに使った繭だまをどんどん焼きの火であぶり、食べる光景を見ることができ、古くから続くその習慣には、その年に風邪を引かないよう、元気に過ごせるようにとの願いが込められているのです。

昔から続いている行事には、何か続いている理由がしっかりとあり、今生きている私たちは、その次の世代に教えてあげられるよう、覚えなければならないことがたくさんあるのだな、としみじみ感じるどんどん焼きでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

田舎にいたころ(それも大昔)の
どんと焼きのかすかな記憶がよみがえりました。
それと十五夜のわら鉄砲打ちの思い出も。

二つとも小学校1,2年生のころにやらなくなった。

私の田舎も神流に負けず劣らず田舎(笑)ですが、
昔からの行事はずいぶん廃れてしまったようです。

こういう行事いつまでも続いてほしいな。

No title

子供の頃、十五夜に藁鉄砲打ちをしたのですね!

神流町では廃れてしまった行事に十日夜(とうかんや)と呼ばれるものがあり、その日も藁鉄砲で地面をたたき、豊作を願ったそうです。

日本の農村は、場所は違えど、似ているところはたくさんありますね。
プロフィール

カンナ

Author:カンナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
18286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
3872位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。