FC2ブログ

6/8 岡本さんの畑の講習会

種を播いたすいかの苗、
ポットでは、収まりきれなくなって畑に移す時がやってきました。

6月8日、岡本さんの有機の里作り教室の時間です。

今年は、雨が少なく、畑もカラカラ。畑の作物もヘトヘトでしたが、前日に恵みの雨が降り、すいかを定植するのにも適した天候でした。

今回の講習会は、前回同様、口コミで広げつつ13人となり、比較的賑やかな講習会になりました。1人4本の苗を目安に、参加者はそれぞれ、岡本さんが事前に貼っておいてくれたマルチシートに穴を空け、そこに苗を植え付け、水をたっぷり注いでいました。

すいか苗定植

1本に5つ程、大きな実をならす苗は、予想以上に繊細で、力を入れるとすぐに折れてしまうようなか弱いものでした。その苗が、これから、雨風にさらされながら、光を浴び強くたくましく育つように、鹿やイノシシに食べられないように、そう願いながら、この日は畑を後
にしました。

その後は、岡本さん宅にて一休み。外でのお茶休憩はいつもすがすがしいもので、ちょっと湿っぽい風に吹かれながら、この日もおさこさん特製レーズンドーナツを頬張る幸せな時間となりました。

談笑風景

堆肥切り返し

その後、2月に教室で作った堆肥箱の堆肥の切り返し作業を行いました。箱にぎっしりと詰まった落ち葉たちはすっかり発酵が進み、辺りには、堆肥の独特のニオイが漂います。前日の大雨にさらされ湿った落ち葉たちはずっしりと重さを帯び、箱から出すのも一仕事。この堆肥が完熟するまでにはあと2ヶ月はかかるようなので、秋野菜を播く頃には間に合うとの事。

踏み固める

試験中との意味合いもあり、口コミまでに抑えているこの講習会。もちろんこのまま、口コミだけで開催していくのに留めるつもりはありません。

みんなで共有していく、有機の楽しさ、つらさ、大変さ、すがすがしさ。何年か、農家の人たちと話してきた事で確実に言えることは、彼らは次に繋げたがっている、という事。後継者という意味を通り越して、もっと大きな視点から、有機について身近になってほしいと考え
ています。

学校給食、高齢者の食事宅配サービス、地元の商店に並ぶ地元の有機野菜たち。求めていく未来は、もっともっと身近に、地元のおいしいものが循環していく環境。

秋までには、もっと窓口を広く、教室の参加のお知らせが出来るよう、「有機の里作り教室」を整えていくように計画していますので、このブログを読んで頂き、興味をもって頂けている方は、その際ぜひ参加検討してみて下さい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カンナ

Author:カンナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
17919位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
3901位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR